矯正する

いろいろな歯科器具

歯を矯正するさいには、多くの方がブラケットという器具を使用して歯の矯正を行なっていきます。
しかし、元来のブラケットは金属とワイヤーを使用しているために、前歯に装着すると離す際にブラケットが見えてしまうのであまり良くないものとされていました。しかし、近年では目立ちにくいクリアタイプのブラケットなども登場したので気軽に矯正歯科での治療が出来るようになりました。
また、新しい技術であるインプラントでの矯正治療も元来のブラケットなどを使用するタイプの治療よりもかなり短時間で矯正できる様になったのです。
短期間で確実に効果を出すインプラント矯正の登場により幅広い矯正治療の方法が選択できる様になりました。

顎の骨がまだ発達していない比較的柔らかい段階で行なう治療を一期治療といいます。
この治療方法は、幼児で永久歯が生え揃わないタイミングで行なう事がベストとされていて、顎の骨格を矯正するのでかなり特殊な治療となっています。
顎のバランスを整える事によって永久歯が正しく生えて来るようにする準備を行なうのが一期治療の特徴です。
永久歯が生えそろった子どもから成人した方まで幅広い方が受けられる治療が二期治療です。
昔は大人が受けられる治療はなく、子どもだけが歯の矯正を行なえるようになっていましたが、大人でもかなり気軽に治療を受けられる様なスタイルの治療方法も確率されたのでどのような方でも治療を受けられるようになっています。
子どもだけが受けられる治療と大人も受けられる治療はかなり大きく内容が異なってくるので内容をしっかりと把握しておきましょう。

矯正治療を受ける流れ

女性の口元

一般の歯科には通ったことがあるが矯正歯科には訪れた事もないという方が多いですが、このページでは、歯の矯正治療を受ける際にどのような流れで治療を行なうことが出来るのかを紹介していきます。

噛み合わせが悪い

症状を伝える患者

噛み合わせが悪いと私達の身体にも大きな歪みをもたらしてしまいます。歯並びが悪いと虫歯になりやすいなどの要因を作ってしまうなど、悪い影響を与えてしまうので注意が必要です。早めに矯正歯科を受診しましょう。

矯正が必要な訳

患者と歯科医の手

出っ歯や受け口などは見た目の悪さだけの様に思いますが、実は口内の環境を悪化させる事もあり、顎の歪みなどの深刻な問題にも発展する可能性が高いのです。口内の状況や骨格に影響をおよぼす前に矯正歯科での治療が必要になってきます。

矯正治療の効果

治療中の歯科医

矯正歯科で治療を受ける事によって改善出来る主なポイントは3つです。歯並びとかみ合わせ、プロファイルが改善できるとされています。とくにかみ合わせは悪化すると痛みを伴う場合があるので早く治療を進めることが必要になってきます。

費用

話す歯科医

健康保険の適応外となってしまう矯正歯科での治療は少々高額な自己負担しなければなりませんが、場合によっては医療費控除の申請を行なって負担を軽減する事が出来るようになっているので費用の金額をしっかりと確認しておきましょう。

医院を選ぶ

歯科の受付

矯正歯科はかなり特殊な技術が必要になってきます。なので、通う医院はしっかりと自分で見定める必要があります。このページでは良い医院のポイントをいくつかわかりやすくご紹介します。

  • 患者と歯科医の手
  • 治療中の歯科医
  • 話す歯科医